2020年05月19日

ソーシャルディスタンス

私、某団体でボランティア活動もしているのですが、近頃コロナウイルスの影響で全ての行事がなくなり、多摩川の散歩と近所のスーパーへの買い物と録画したテレビを見る事が休日の過ごし方として定着してきました。時間を気にせず行動ができるのでのんびりしと過ごしています。そのせいか体重が徐々に増えています。
スーパーは土曜か日曜の朝早くに行くのですが割と混んでいます。必要なものをメモして(重たいものが中心)買い物をするのですが15分もすれば必要なものはカゴの中に入っています。以前ですと店の中をブラブラし余り必要でない物を買って来てよく妻に「それは必要ない、この間買ったのがまだある。」と言われていましたが、最近はそういった事は無くなりました。
で、15分でカゴの中に必要なものは収まるのですが、そこから店を出るまでに15分以上かかることがあります。レジ待ちです。最近はどこのお店でも1メートル間隔ぐらいにテープで線が引かれていますので前の人が前のテープを超えてからその後ろのテープの所まで進むようにしていますが、たまに後ろを振り向くとピッタリと並んでいる方がいてちょっと気持ち悪いです。ソーシャルディスタンスに慣れて来たのか余りそばに人が居ると違和感を感じます。

遅ればせながら、弊社もソーシャルディスタンスロゴ作ってみました。

離れてロゴ.jpg


posted by 小林正明 at 09:25| Comment(0) | 印刷と環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: